ドンキ、1兆円企業の仲間入り 節約志向が後押し

08/13 18:50 更新

 売上高が1兆円に到達し、イオンやユニクロに並ぶ見通しです。  ドンキホーテHD・大原孝治社長:「大いに胸を張れる水準ではないかと自負している」  ドンキホーテは2018年6月期の決算で、29期連続で増収増益を達成しました。節約志向を背景に食品や日用品などが好調で、訪日外国人向けの販売も伸びています。こうした状況を受け、今期の業績は売上高1兆円を見込んでいます。日本の小売業で売上高が1兆円を超えているのはイオン、セブン&アイHD、ファーストリテイリング、ヤマダ電機、三越伊勢丹HDなどです。