制振装置データ改ざんか スカイツリーは「調査中」

10/16 18:48 更新

 スカイツリーの制振装置を担当した会社がデータ改ざんです。  KYB・中島康輔社長:「誠に申し訳ございません」  自動車や建設向けの油圧機器を製造するKYBとその子会社は、地震の揺れを抑える免震装置と制振装置で性能検査の記録データ改ざんがあったと国土交通省に報告しました。全国の共同住宅や病院、庁舎など986件の建物で不正をしていたということです。KYBによりますと、記録データの改ざんは2003年1月から先月まで行われた可能性が高いということです。KYBはスカイツリーの制振も担当していますが、改ざんが行われているかは「調査中」としています。