潜入!東京“秘密の地下”巡りツアー 普段は非公開

05/18 17:22 更新

 高層ビルが立ち並ぶ東京都心の「地下空間」。そこには、意外な世界が広がっていた。  東京駅を中心とする丸の内、大手町、有楽町エリア。オフィスビルなどが立ち並ぶこの地域で、普段は入ることのできない様々な場所を巡るツアーが行われた。東京駅のすぐ目の前。その地下20メートルに広がる巨大な空間。様々な機械がところ狭しと並んでいる。ここで作られた蒸気などを地下に張り巡らされたパイプで周辺のビルなどに送り込み、冷暖房として使われるのだ。この上を丸ノ内線が走ってるようだ。地下鉄の下を私たちは歩いている。トンネルを抜けて次に向かったのは、ビルの地下1階にある駐輪場。自転車が吸い込まれていくその先は…。地上30階建てのオフィスビルの地下にあるのは約700台の自転車が収納できる巨大な駐輪場だ。さらに、こんな場所も。皇居の目の前に位置するお堀の水を浄水するための専用施設。貯水槽は地下35メートルの深さまであり、25メートルプール6杯分の水をためることができる。街に親しんでほしいと企画されたこのツアー。地下以外にも様々な場所が公開されている。