負債約2400億円 ジャパンライフきょう債権者集会

11/12 11:59 更新

 磁気ネックレスなどの「オーナー商法」を展開したジャパンライフが2000億円以上の負債を抱えて経営破綻した問題で、12日午後に初めての債権者集会が開かれます。  ジャパンライフは高額の磁気ネックレスなどを購入させてオーナーにさせ、レンタル収入で配当を支払う、いわゆる「オーナー商法」を展開していましたが、約2400億円の負債を抱えて経営破綻しました。午後に都内で初めての債権者向けの集会が開かれ、破産管財人の弁護士から当時の経営状況などが説明される見通しです。債権者は全国で6000人以上とみられます。どこまで救済が行われるかが焦点となります。