ガソリンの全国平均価格 6週連続で値下がり

12/05 16:28 更新

 今週のレギュラーガソリンの全国平均価格は1リットルあたり151円30銭で、6週連続で値下がりとなりました。  資源エネルギー庁によりますと、今週のレギュラーガソリンの全国平均価格は前の週より大幅に下がり、1リットルあたり151円30銭となりました。全国47都道府県すべてで値下がりし、2円60銭の下げ幅は約3年ぶりです。原油価格の下落と円高で調達コストが下がっていることが大きな要因です。石油情報センターでは来週も値下がりを予想していますが、6日からのOPEC(石油輸出国機構)総会の議論によっては1リットル150円台を割る可能性もあるとしています。