タクシー車内で恋愛占い?バレンタイン商戦 なぜ…

02/14 17:31 更新

 バレンタインにぴったりのユニークな試みを始めたのは、なんとタクシー会社だった。その名も「バレンタイン占いタクシー」。なぜ、こんなサービスが始まったのだろうか。  車内で楽しげに話す男女2人。よく見ると、女性のひざの上には何やら怪しいカードのようなもの。この女性の正体はタロット占師。実はこれ、タクシー会社が考案した期間限定の人気企画、その名もバレンタイン占いタクシー。  この日も1人の男性がタクシー乗り場へと現れた。26歳のウェブエンジニア。14日のバレンタインデーが誕生日だというなんとも奇跡的な巡り合わせ。期待を胸に占師とご対面。ここから横浜観光スポットを巡りながら占っていく。意中の女性なし。かつ草食系男子だというが、占いで導き出された答えは…。なんとも具体的。運命の女性とは7月に出会い、すぐ一緒に住み始めると告げられ、つい笑みがこぼれた。  こうした期間限定のユニークな企画だが、その裏にはタクシー業界が抱えるある悩みが…。深刻化するなり手不足により、人材確保が急務とされてきた。そこで立ち上がったのが4年前。心霊スポット巡礼ツアーやSP風タクシー。3億円事件ツアーといった企画を次々と打ち出し、注目を集めた。その結果、現在では新卒入社の数が約6倍まで急増。若い人材が増え、社内の活性化が進んでいるという。ユニークな企画の効果は絶大だった。