自工会新会長にトヨタ・豊田氏 歴代初2度目の就任

05/17 20:22 更新

 日本自動車工業会の新会長にトヨタ自動車の豊田章男社長が就任しました。  日本自動車工業会・豊田章男会長:「自動車産業がやはりあてにされる産業。そして日本の成長を引っ張っていく存在であるというところにはこだわっていきたい」  日本自動車工業会は、理事会を開き、豊田氏を正式に会長に決めました。任期は2年です。豊田氏は、2012年から2014年にかけて会長を務めていて、歴代で初めて2度目の就任となります。自動車産業が100年に1度といわれる大変革期を迎えるなか、豊田氏は「自動化や電動化などの新しい技術に行政などの協力や理解も得ながら、スピード感を持って対応していきたい」などと述べました。