13日と14日 北海道内の計画停電は実施しない予定

09/12 23:23 更新

 地震による北海道の電力供給不足について経済産業省は、13日に続いて14日も地域を区切って電気を順番に止める計画停電を行わないと発表しました。  12日の北海道全体の節電は、老朽化した発電所が突然、止まった場合にも対応できるとされる電力需要の10%の節電ラインを上回りました。13日午後にも京極揚水発電所1号機が運転が再開されるほか、14日には2号機も運転を再開する予定で、経産省は13日に続いて14日も計画停電は行わないことを明らかにしました。ただ、「綱渡りの状況には変わりない」として、引き続き午前8時半から午後8時半にかけて2割の節電を呼び掛けています。