JAL設立のLCC「ジップエア」が新制服披露

04/12 00:08 更新

 去年、日本航空が設立した新しいLCC(格安航空会社)の「ジップエア」が来年の運航開始を前に新しい機体のデザインと制服を発表しました。  LCCのジップエアが発表した新しい制服は、勤務内容に合わせてジャケットやパンツなどを自由に組み合わせられます。また、動きやすさを実現するため、エアラインとしては異例のスニーカーを取り入れたということです。従業員は機内と地上の業務、両方を行う予定です。一方、機体には細い緑色のラインとブランドカラーのグレーで尾翼に大きく「Z」の文字が入ります。ジップエアは来年夏までに成田とソウル、成田とバンコクを結ぶ2路線での運航開始を目指しています。