再処理工場の“建設費非公表”問題 連休明け公表へ

07/15 10:56 更新

 原発から出る使用済み核燃料の再処理工場の建設費が膨大に増えたことを経済産業省の認可法人はこれまで正式に公表していませんでしたが、一転して連休明けに会見することを決めました。  使用済燃料再処理機構は青森県六ケ所村での再処理工場の建設費が7500億円増え、当初の予定から4倍近く、2兆9000億円まで膨らんだことを正式に公表せず、ホームページにも載せていませんでした。これについて世耕経済産業大臣が適切に指導する考えを示し、電気事業連合会の勝野会長も情報を開示するよう求めました。これを受けて再処理機構は方針を一転させ、連休明けの18日に青森市内で会見を開くことにしました。