通販サイト「初回無料」注意を!国民生活センター

11/17 09:38 更新

 通販でお試しのつもりで健康食品などを購入したものの、実際には定期購入が条件となっていて解約ができないという相談が相次いでいて、国民生活センターが注意を呼び掛けました。  国民生活センターによりますと、広告で「初回無料」などの文字を強調し、数カ月間の契約が条件となっていることを認識しづらい通販サイトが増えているということです。また、「腹痛がする」や「効果がない」という理由で解約しようとしても通販会社が応じないケースもあるとしています。国民生活センターへの相談は去年、1万4000件を超え、5年で27倍以上に増えています。ダイエットの効果をうたうサプリメントを購入した40代の女性からの相談が多い一方、男性からの筋肉増強や増毛効果をうたう商品での相談も増えていて、国民生活センターは契約内容をよく確認するよう呼び掛けるとともに、通販会社11社に対しても注意喚起しました。