ゴーン被告後任人事 ルノー会長「議題にならず」

02/16 17:49 更新

 カルロス・ゴーン被告の事件後、焦点となっている日産の会長人事について、フランスから来日したルノーの会長は日産の西川社長との会談で「議題にならなかった」と明らかにしました。  ルノー、スナール会長:「(Q.日産の会長になるのか?)それは今回の議論の論点ではない」「(Q.誰が会長になるか西川社長と話した?)そこは議題にならなかった」  ルノーのスナール会長は15日、日産本社を訪れて西川社長と会談したほか、電気自動車の説明を受けるなど5時間近く滞在しました。会談の内容について、16日に「提携関係の将来について話した」などと述べ、ゴーン被告の事件から悪化していた関係の改善をアピールしました。しかし、どちらから日産の会長を出すかなどの焦点の議論は見送られたようです。