食卓に秋来るも… 長雨・地震が野菜の値段に影響

09/14 17:12 更新

 ひんやりとした天気が多くなり、すっかり季節が秋めいてきた。ただ、夏の間に相次いだ台風や東北地方での長雨の影響が私たちの食卓にも出始めている。  秋の足音が少しずつ、少しずつ近付いている。東京の最高気温は25度に届かず、9月下旬並みの気温となった。装いが秋モードに変われば、もちろん食べ物も。鍋物がおいしい季節到来と喜びたいところだが、そこには高いハードルが横たわっている。相次ぐ台風や活発な前線の影響で、先月下旬の東北地方は例年に比べて雨が多かった。このため、長ネギの育ちが悪く、それが値段にも響いているのだ。スーパーではニンジンが通常より5割ほど高くなっているという。これは先週、北海道を襲った地震が原因だ。涼しくなると恋しくなるものが「おでん」だ。だが、この店にも震災の余波は及んでいた。自然災害に次々と見舞われた今年の夏。そのさざ波が今、食卓に押し寄せつつあるのだ。