ガソリン価格1リットル134円 原油値上がりが原因

04/19 16:30 更新

 レギュラーガソリンの全国平均価格は3週ぶりの値上がりです。  資源エネルギー庁が発表した17日時点のレギュラーガソリン価格は、全国平均で1リットルあたり134円で、前週に比べて10銭値上がりしました。シリア情勢などの影響から、原油価格が値上がりしたことが原因とみています。石油情報センターは、来週も引き続き小幅な値上がりが続くとみています。