楽天、スタジアムをキャッシュレス化 開幕戦から

01/10 14:30 更新

 楽天は傘下のプロ野球とプロサッカーチームの本拠地スタジアムで今シーズンから順次、現金決済をやめてキャッシュレス化すると発表しました。  楽天は「東北楽天ゴールデンイーグルス」と「ヴィッセル神戸」のホームスタジアム内で今年の開幕戦から順次、チケットやグッズ販売などを原則すべてキャッシュレス化します。支払いは「楽天ペイ」やクレジットカードなどとし、小銭を探す手間やお釣りの受け渡しミスをなくすことでスポーツ観戦時のストレス軽減と利便性を高めます。また、楽天はキャッシュレス決済に触れる機会を作ることで国内での普及を後押ししたいとしています。