豚コレラで輸出停止していた豚肉 香港が受け入れへ

09/11 23:29 更新

 豚コレラの発生で輸出を停止していた豚肉について、農林水産省は香港が岐阜県で生産・処理されたものを除く豚肉の受け入れを決めたと発表しました。  岐阜市の養豚場で豚コレラのウイルスが検出されたことを受け、農水省は9日から国内の豚肉や豚肉加工品の輸出を停止していました。その後、輸出先の国と交渉を続けていましたが、11日に香港が岐阜県で生産・処理されたものを除く豚肉の輸出を受け入れることを決めたということです。