財務事務次官に岡本薫明主計局長を起用へ 政府

07/13 14:49 更新

 セクハラ問題を受けて空席だった財務次官がようやく決まります。  政府はセクハラ問題で福田前財務次官が辞職し、約3カ月空席だった次官ポストに岡本薫明主計局長を充てる方針を固めました。次官人事を巡っては、政府関係者が「局長級のセクハラなども調査して判断している」として慎重に人選が進められました。岡本氏は、森友問題の文書改ざんが行われていた当時の文書管理責任者で厳重注意処分を受けていますが、政府は熟慮の末、岡本氏の起用を決めました。