「今週が大きな山場」“2割節電”呼びかけ続く

09/11 11:48 更新

 地震による北海道の電力供給不足について、世耕経済産業大臣は今週が大きな山場だと述べ、少なくとも週内は2割の節電を続けるよう呼び掛けました。  世耕経産大臣:「まずは今週金曜日までの節電2割目標の達成を皆で政府も含めて力を合わせて実現しながら、今週というのが1つの大きな山場だと思っております」  経済産業省によりますと、地震で停止した北海道で最大の火力発電所の再稼働は今月末以降になるということですが、14日には点検中の水力発電所が稼働する見通しです。世耕大臣は、14日以降は計画停電を行うリスクも低下するという考えを示しました。