チョコ商戦本格化も…「女性のためのバレンタイン」

01/09 18:10 更新

 今年のバレンタインは異変が起きそうだ。  平成最後のバレンタインデーに向けて早くもチョコレート商戦が本格化。しかし、今年はある異変が。今年のトレンドは、なんと女性のためのバレンタインだというのだ。これは男性にはチョコレートはプレゼントしないということなのか…。  「松屋」洋菓子バイヤー・牧野賢太郎さん:「『チョコレートを贈る文化』が少しずつ薄れてきて、女性が『自分がまずチョコを楽しむ』『自分がそのイベントを楽しむ文化』にバレンタインが変わってきた」  松屋銀座では、チョコをその場で食べられる店舗を去年の3店舗から11店舗に増やしたという。昨今、存在感が薄れつつある義理チョコ、友チョコ。今年は、女性が楽しむチョコで新たな需要を開拓する狙いがあるという。今年は世の男性陣には厳しいバレンタインデーになりそうだ。