出力制御は“再生可能エネ”導入に不可欠 世耕大臣

10/16 17:02 更新

 先週末に九州で太陽光発電の出力制御が行われたことについて、世耕経済産業大臣は「再生可能エネルギーの導入には必要不可欠な取り組みだ」との考えを示しました。  世耕経済産業大臣:「出力制御というのは再生可能エネルギーを主力電源化していくために、必要不可欠な取り組みだというふうに思っております」  世耕大臣はまた、スペインやアイルランドなど導入が進んだ国でも再生可能エネルギーを無制限に発電しているわけではなく、適切な制御を前提としていると強調しました。そのうえで、手続きや透明性、技術的な問題などについては「今後、国の審議会で検証したい」と述べました。