バレンタイン商戦「今年はプレゼントより自分で」

01/09 11:59 更新

 来月のバレンタインデーに向け、都内の百貨店でチョコレートなどの試食会が行われました。今年のトレンドは「女性のためのバレンタイン」です。  松屋銀座はバレンタインに向けて、チョコレートを買って帰らずにその場で食べられる店舗を去年の3店舗から11店舗に増やします。バレンタインに関する意識調査を行ったところ、本命チョコや義理チョコよりも自分用に買う人が多く、プレゼントよりも女性自身が楽しむことを重視したということです。バレンタインの市場規模は頭打ちになっていて、大手百貨店各社は女性の消費を拡大し、新たな需要を掘り起こしたい考えです。