東京市場一時200円超下落 円高一服で下げ幅縮める

10/12 11:49 更新

 12日の東京市場も値下がりしています。ニューヨーク市場の2日連続の大幅安を受けて世界同時株安への不安が広がり、一時、200円以上、下落する場面もありました。ただ、外国為替市場で円高が一服していることや決算で好業績を発表した企業を中心に割安感から買い戻しの動きも出ていて、下げ幅を縮めています。午前の終値は11日より102円安い2万2488円86銭でした。