プラごみ削減へ G20で世耕大臣「地球規模の課題」

06/15 11:48 更新

 G20エネルギー・環境大臣会議が長野県の軽井沢町で始まりました。大阪での首脳会議に向け、プラスチックごみ対策などについて議論します。  世耕経産大臣:「海洋プラスチックごみについても、官民を挙げて取り組んでいかなければならない地球規模の課題であります」  会議では、深刻な海洋汚染を引き起こしているプラスチックごみの削減に向けて、各国が計画を作成し、定期的に検証する枠組みづくりで合意を目指します。去年、カナダで開かれたG7では、削減目標が盛り込まれた文書に日本とアメリカは署名せず、日本は対策に後ろ向きだという声も出ていて、議長国として積極的な姿勢を見せたい考えです。世耕経済産業大臣は、レジ袋の有料化を来年4月1日にも制度化する考えも示しました。会議では、ホルムズ海峡付近で日本などのタンカーが攻撃されたことを受け、エネルギーの安全保障についても議論します。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2019