北海道全域で停電295万戸 公衆電話も通信障害発生

09/06 11:54 更新

 地震の影響によって、北海道全域で大規模な停電が続いています。  北海道では6日未明の地震の影響で、道内全域の295万戸で停電が続いています。道内最大の火力発電所が停止して電気の使用量と発電量のバランスが崩れ、他の発電所も一斉に止まりました。菅官房長官は、電力供給のめどは立っていないとしています。また、NTT東日本によりますと、北海道厚真町などで固定電話約3万4000回線で通信障害が発生しています。こうした状況を受けて、北海道全域で公衆電話を無料で利用できるようにしました。公衆電話は災害時でもつながりやすくなっているということです。一方、携帯電話ですが、やはり一部エリアで通信障害が発生しているということです。