新潟知事が世耕大臣と面会 原発検証作業協力求める

08/07 05:56 更新

 東京電力柏崎刈羽原発の再稼働について、新潟県の花角英世知事は世耕経済産業大臣と会談し、原発の安全性の検証作業に協力を求めました。  新潟県・花角英世知事:「県民の原発に対する思いは深刻なものだと。新潟県独自で進めている検証作業について国のご協力を頂きたい」  花角知事は、柏崎刈羽原発の再稼働を判断する前提条件となる検証作業への協力を求めたうえで「県による安全性の検証が終わるまでは再稼働の議論はしない」と強調しました。世耕大臣は「県の検証に対して政府も全面的に支援する」と応じました。また、将来、原発依存度を具体的にどのように低減していくかについては「定期的に専門家レビューをやって数字を詰めていく」と話すにとどめました。