紙幣のデザイン変更へ 新1万円札に渋沢栄一

04/09 05:50 更新

 政府が1万円札などの紙幣のデザインを刷新する方針を固めたことが分かりました。  新しい1万円札のデザインは、日本で最も古い銀行である第一国立銀行や東京証券取引所を設立し、「資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一となります。5千円札には津田塾大学の創始者で「女子教育の先駆者」と評される津田梅子が、千円札にはペスト菌を発見するなど医学の発展に貢献した北里柴三郎が採用されます。デザインの変更は2004年以来となり、数年後をめどに行われる方向で、9日に麻生財務大臣が発表する見通しです。