一括配送で大手3社連携強化へ 人手不足解消に期待

03/13 17:19 更新

 人手不足の解消につながるのでしょうか。宅配大手が連携を強化します。  宅配便最大手のヤマト運輸や業界2位の佐川急便、3位の日本郵便は、3社の荷物を一括して届けるために連携を強化します。配送を取りまとめることで受け取る側の利便性を高め、配達を効率化するだけでなく、ドライバー不足の解消なども期待できるとみられます。3社は、これまでも首都圏の高層ビルや一部の地域で一括配送を行ってきましたが、今後は法人だけでなく、個人の住宅などにも対象を広げたい考えです。