独自入手…東芝の資金繰りや担保リストなど明らかに

03/16 11:52 更新

 ANNが独自に入手した東芝内部の資料で、今後の資金繰りや取引先の銀行団に担保として新たに差し出す資産のリストなどが明らかになりました。  東芝は15日、取引先の金融機関約100社を本社に集め、今後の融資継続を要請しました。ANNが独自に入手した資料には、東芝の今後の資金繰り状況が月ごとに示されているほか、融資の担保として新たに差し出す東芝テックや東芝プラントシステムなど、主だった子会社の株式や保有する事業所と工場、合わせて4000億円分がリストアップされています。関係者によりますと、出席した地銀からは「担保に入れるより、それを売って早く借金を返してほしい」など厳しい意見が出たということです。銀行団はいったん、今回の提案を持ち帰り、今月中に結論を出す予定です。