武田薬品工業 約7兆円「シャイアー」買収を承認

12/06 05:53 更新

 国内の製薬会社最大手「武田薬品工業」は臨時株主総会を開き、アイルランドの製薬会社「シャイアー」を約7兆円で買収することが承認されました。  株主総会で武田薬品のウェバー社長は、買収によって研究開発費が増え、国際的な競争力が上がるとメリットを強調しました。総会の前には創業家の一部が「財務的にリスクが大きい」などと反対を表明しましたが、株主の3分の2以上の同意を得て、総額約7兆円で買収が承認されました。日本企業では過去最高の買収額で、成長するアメリカ市場で事業拡大を目指す方針です。日本時間の5日夜にアイルランドで行われたシャイアーの株主総会でも承認が得られ、今後は具体的な買収手続きに入ることになります。