米、経済対話で2国間貿易交渉を日本に要求

04/13 22:31 更新

 来週に行われる日米経済対話で、アメリカ側が2国間の貿易交渉を行いたいと要求していたことがANNの取材で明らかになりました。  日米経済対話は来週18日に都内で行われ、財政、金融やインフラ、エネルギー、そして2国間の貿易枠組みという3分野について議論を行うことにしています。日本からは麻生副総理と各省庁の次官級が参加し、アメリカ側はペンス副大統領が出席する予定です。日本政府関係者によりますと、この初会合を前にした準備会合で、アメリカ側は「2国間の貿易交渉を経済対話のなかで行いたい」と伝えてきたということです。これに対し、日本側は「今のところ、2国間交渉には応じられない」と拒否しているということです。別の政府関係者は「今後、農業や車などで、貿易不均衡の解消を求めてくる可能性がある」と話しています。