内閣府試算 黒字化目標の2025年「赤字2兆4千億円」

07/09 18:29 更新

 内閣府は中長期の財政に関する試算を示し、今より高い経済成長率を見込んでも基礎的財政収支の黒字化には2兆円余り足りないことが分かりました。  内閣府は9日の経済財政諮問会議で2027年度までの経済財政に関する試算を提示しました。それによりますと、今より高い名目GDP(国内総生産)の成長率を見込んだとしても、政策にかかる経費を借金に頼らずに賄う基礎的財政収支が、国が黒字化の目標としている2025年度で約2兆4000億円の赤字となる見通しだということです。黒字化の達成は前回1月の試算と同じく2027年度になるとみています。このため、安倍総理大臣は茂木大臣に対し、歳出改革などの工程表を年末に向けて取りまとめるように指示しました。