8月ビール類の販売量ダウン 長雨や台風で痛手

09/12 18:50 更新

 天候不順で、8月のビール類の販売量が大幅に落ち込んだことが分かりました。アサヒやキリン、サッポロの大手3社は、ビール類の販売量が去年に比べ、6%から7%減少しました。長雨や台風の影響で外出の機会が減ったことが原因で、ビアガーデンの集客が悪かったことも要因の一つだということです。