ロボット会社を孫社長が買収!グーグル親会社とは?

06/09 21:00 更新

 9日、ソフトバンクグループがグーグルの親会社「アルファベット」の傘下で、最先端のロボット開発を行うアメリカの企業を買収すると発表しました。まるで生きているような動きを見せるこのロボット。階段を上ったり、デコボコな道でも難なく進んでいきます。ソフトバンクグループが買収を発表したのは、このロボットを開発したアメリカの「ボストンダイナミクス」です。ボストンダイナミクスは1992年創業。米軍などと共同でロボット開発を進め、荒れ地を走る四足ロボットや、蹴れられても踏ん張って倒れないロボットなどで知られています。でも、バナナの皮には弱いみたいです。ソフトバンクの広報によりますと、ボストンダイナミクスを「四足歩行や二足歩行の技術が優れた会社」としていて、「雪上歩行や草むらでの歩行、障害物を乗り越えて歩く技術などをサポートしたいと考えている」といいます。孫正義社長は「スマートロボティクスは情報革命の次のステージの重要な推進役」としていて、今後、新型ロボットの開発を加速させるとみられます。ネット上でもこのニュースは話題となっていました。ソフトバンクは同様に、アルファベットの傘下で二足歩行ロボットを開発する日本の企業「シャフト」も買収するとしています。ソフトバンクは2012年に、フランスのロボット開発会社「アルデバラン・ロボティクス」に出資を開始。2014年に人型ロボット「ペッパー」を発表しました。一方、今回、ソフトバンクが買収した会社はグーグルを運営するアルファベットの傘下にあたります。アルファベットは、グーグルや自動走行の車を開発する「グーグルX」などグループ全体を統括しています。ソフトバンクとアルファベット。両者の狙いは、いったい何なのでしょうか。