日経平均株価 下落幅が一時800円超に拡大

03/23 10:32 更新

 新たな関税措置を受け、アメリカと中国との間で貿易戦争に発展するとの懸念から、ニューヨークダウは700ドル以上、下落しました。この流れを受けて東京市場でも全面安となり、日経平均株価は一時、800円以上値下がりしました。現在は22日の終値に比べて800円安い2万792円44銭で取引されています。為替市場ではリスク回避の円買い・ドル売りが進み、約1年4カ月ぶりに1ドル=104円台の円高になっています。