農水大臣「極めて重大局面」 豚コレラ5府県に拡大

02/06 11:55 更新

 これまでに岐阜県で感染が確認されていた豚コレラウイルスが愛知県や大阪府の養豚場でも確認され、感染は5府県に拡大しています。  吉川農水大臣:「極めて重大な局面を迎えている。何としてもこれ以上の感染拡大を防がなくてはなりません」  豚コレラウイルスは去年、岐阜市の養豚場で26年ぶりに発生が確認されました。農林水産省によりますと、新たに愛知県豊田市の養豚場の豚に豚コレラウイルスの感染が確認されました。さらに、この養豚場から子豚が出荷された長野県、滋賀県、大阪府、岐阜県などでも確認されたということです。愛知県や岐阜県では合わせて豚1万匹以上の殺処分が行われています。農水省は対策チームを派遣し、感染経路の特定を急いでいます。