国家予算初の100兆円突破へ 消費増税対策も影響

12/05 10:31 更新

 政府の当初予算の一般会計の総額が来年度、初めて100兆円を突破することが分かりました。  来年度の当初予算は今年度の約97兆7000億円に消費増税対策として、現金を使わずにクレジットカードなどで支払いを済ませた場合のポイント還元やプレミアム付き商品券の発行に数千億円が追加されます。さらに、道路補正や防災対策などに1兆円以上、医療や介護などの社会保障費も5000億円ほど増える方向です。こうしたことから、来年度の一般会計の総額は当初予算として初めて100兆円の大台を突破する見通しです。