秋深まり気分は鍋! 今年のトレンドは“しびれ”

10/05 17:56 更新

 台風が接近するなか、関東より北の地域ではぐっと秋が深まっている。5日は全国130地点で今シーズン一番の冷え込みを観測している。  マイナス1.3度。5日、北海道北部の朱鞠内で観測された気温だ。徐々に寒さが増してきた日本列島。130地点で今シーズン一番低い気温を観測した。東京の最低気温は17.8度。だんだん寒くなってくると食べたくなるのは、やはり身も心も温まる鍋だ。鍋といえば洋風鍋や豆乳鍋などその年ごとに人気となるトレンド鍋がある。今年も斬新な鍋が登場している。こちらは先月、飲食店関係者向けに開催されたセミナー。忘年会で提供する目玉メニューとして、そのトレンド鍋が発表された。その名も「しびれ鍋」。って一体なんなのか…。そのしびれ鍋を提供しているお店に作るところから見せてもらった。白菜や豚肉、ニラなどが入った鍋。その次に現れたのが粉だ。「ホアジャオ」。麻婆豆腐などに使われるスパイスだ。しびれ鍋とは、そのホアジャオや山椒を使った鍋で舌がしびれるような刺激があるのが特徴だという。ホアジャオを食べてみると、ピリッとしびれるような辛さがあり、喉の奥まで柑橘系の香りが広がる。お店の人は、そのホアジャオをスプーンで豪快に4回投入。さらに、唐辛子タンタンみそスープなどを加えればしびれ鍋の完成だ。飲食店の情報を集めたウェブサイト「ぐるなび」に登録している店舗では、しびれ鍋を提供するところが急増。ここ1カ月で130以上に。さらに、大手牛丼チェーン「すき家」でもホアジャオを使ったメニューを販売するなど、しびれは外食全体のトレンドになる可能性もある。