「目のボンヤリ」改善を宣伝 サプリ業者に措置命令

03/09 16:10 更新

 「クリアでスッキリ」など目の症状が改善されるかのように宣伝されていたサプリの販売業者に対し、消費者庁は景品表示法違反で措置命令を行いました。  消費者庁によりますと、健康食品メーカーの「だいにち堂」は、「アスタキサンチンアイ&アイ」というサプリの宣伝で、合理的な根拠が示されないにもかかわらず、ぼんやり・濁った感じの目の症状が改善される効果があるかのように表示したということです。消費者庁は、この表示が実際よりも著しく優良であるかのように示す「優良誤認」にあたるとし、景品表示法違反でだいにち堂に対し、再発防止策などを求める措置命令を出しました。一方、だいにち堂は「広告の表現は社会通念を逸脱したものではなく、誤認表示には該当しない」「法的な対処を検討している」などと反論しています。