今夏も節電要請は見送り 猛暑でも必要な電力量確保

05/12 11:56 更新

 政府は家庭や企業に対する節電要請について、今年の夏も見送ることを決めました。  世耕経産大臣:「3%の予備率は確保できる見込みなので、節電要請は行わない予定」  世耕大臣は去年の夏と冬に続き、今年の夏も節電要請を行わないと説明しました。政府は東日本大震災の後、原発が停止したため、電力需要が高まる夏と冬に向けて節電要請をするかどうか事前に決めています。この夏は節電意識の高まりや一部の原発の再稼働で、猛暑でも電力各社が安定供給に必要な電力量を確保できるということです。