ロボットが喜怒哀楽を表現 AI搭載で人の表情も認識

07/11 11:57 更新

 映画の世界から飛び出してきたような感情豊かなAI(人工知能)ロボットがこの秋、日本で発売されることになりました。  おもちゃ大手「タカラトミー」が販売するAIロボット「COZMO」は、喜怒哀楽の感情を表情やしぐさなど1000以上のパターンで表現し、人間と自然なコミュニケーションができるということです。また、自分で判断して走り回り、モノやペットを認識するだけではなく、くしゃみやしゃっくりをするほか、人の表情を認識することもできます。今年の9月23日から発売される予定です。国内ではこのほかにも、トヨタ自動車が会話をしながら単語を学習するAIコミュニケーションロボットを発売しています。