楽天、仮想通貨交換業に参入

09/01 07:02 更新

 ネット通販大手の楽天が仮想通貨交換業に参入すると発表しました。  楽天は、子会社である楽天カードを通じて現在、「みなし仮想通貨交換業者」である「みんなのビットコイン」の全株式を取得し、仮想通貨交換業に参入することを明らかにしました。楽天は2016年にブロックチェーンと呼ばれるインターネット上の技術の研究機関を海外で設立するなどしてきましたが、「Eコマースなどで仮想通貨の決済ができるようになる」として、今回の買収を検討してきたということです。仮想通貨市場は、ヤフーやLINE、メルカリなど大手IT企業による参入が相次いでいて、今後、国内での仮想通貨の利用方法も大きく変わっていく可能性があります。