JR東日本もサイバー攻撃に 世界で猛威のウイルスか

05/15 17:21 更新

 世界各地で被害が拡大しています。日立製作所やJR東日本などの国内企業にもサイバー攻撃です。  日立製作所は、国内外の拠点で15日朝から電子メールが一部送受信できなくなり、添付ファイルが開けなくなるなどの障害が出ていることを明らかにしました。日立は、世界各地で被害が拡大しているウイルスソフトと同じタイプである可能性が高いとして、システムの復旧作業を進めています。また、JR東日本でも12日、パソコン1台がウイルスに感染しましたが、電車の運行への影響はないということです。警察庁によりますと、国内では他に別の被害が2件確認されています。IPA(情報処理推進機構)は「メールなどを通じてウイルスに感染するので、不審な添付ファイルは開かないように」と注意を呼び掛けています。