ガソリン価格 5週連続で値下がり 1L=153円90銭

11/28 14:33 更新

 レギュラーガソリンの全国平均価格は前の週から2円、値下がりして1リットルあたり153円90銭となりました。  資源エネルギー庁によりますと、26日時点のレギュラーガソリンの全国平均価格は前の週より2円、値下がりして1リットルあたり153円90銭でした。ガソリン価格は9月以降に上昇し、先月には一時、160円台を付けましたが、米中貿易摩擦で景気が減速し、需要が減るとの見方から原油価格が下落したのを受けて5週連続で値下がりしています。1週間で2円、値下がりしたのは2016年1月以来、2年10カ月ぶりです。石油情報センターは来週も値下がりするとみています。