10月新車販売台数 日産「ノート」が1位から25位に

11/07 22:24 更新

 無資格の従業員による検査問題を起こした日産自動車の「ノート」が10月の新車販売台数で前の月の1位から25位に下落しました。  業界団体の発表によりますと、日産「ノート」の10月の販売台数は2741台で、9月に比べて約82%減りました。軽自動車を除く車種別では、9月に1位だったノートは25位に順位を下げ、7位だったセレナは30位以内に入れず、日産車はトップ10から姿を消しました。無資格の従業員が新車の完成検査をしていた問題で、10月中旬から国内向けの生産・出荷を停止したことが影響したとみられます。