ゴーン被告 取締役からも解任へ 4月に臨時総会

02/05 17:10 更新

 カルロス・ゴーン被告を取締役からも解任します。  特別背任などの罪で起訴されたゴーン被告は会長職を解任されていますが、取締役として日産自動車にとどまっています。日産は5日に取締役会を開いていて、ゴーン被告を取締役からも解任するため臨時の株主総会を4月に行うことを決定します。また、ゴーン被告が有価証券報告書に記載しなかった報酬約90億円について、支払い契約を確認したうえで今年度の決算に計上する方針を固めています。