三菱自会長が疑問呈する 仏政府が狙う3社経営統合

02/02 05:55 更新

 フランス政府が狙うルノー・日産・三菱3社の経営統合について、三菱自動車の会長は1日、「対等の精神が担保されるのか」と疑問を呈しました。  三菱自動車・益子修会長:「(Q.対等の精神が維持されるとしたら持ち株会社化も?)対等の精神で平等が担保されますかね?」「(Q.平等で対等な経営統合はあり得ないと?)難しいんじゃないですか」  益子会長はさらに「従業員が本当にそれでいいのか考えないといけない」と述べ、3社の経営統合に懐疑的な見方を示しました。先月、来日したフランス政府の代表団は、日本政府関係者に持ち株会社化を含めた経営統合案を伝えていました。