理由は金銭トラブルか 北朝鮮 韓国系米国人を拘束

04/25 18:47 更新

 北朝鮮がアメリカ人を拘束した理由は金銭トラブルかもしれません。  北朝鮮に拘束されたのは、平壌科学技術大学の教授で、韓国系アメリカ人のトニー・キム氏だと大学が声明を出しています。北朝鮮専門家の安氏は、この大学の前総長が大学への支援金の一部を着服した疑いがあり、前総長の関係者であるキム氏が拘束された可能性があると指摘しています。また現在、秘密警察である国家保衛省が調べていて、10年以上の刑になる可能性もあるということです。大学はキム氏について、この数年で数回、北朝鮮に入り、ボランティアで会計学を教えていて、拘束の理由は大学での仕事とは無関係だと説明していました。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017