テロで死亡の警察官を追悼 仏大統領選の2候補も

04/26 05:55 更新

 パリ・シャンゼリゼ通りでのテロ事件で死亡した警察官の追悼式典が行われ、フランスの大統領選挙で決選投票に進出した2人の候補も参加しました。  オランド大統領は式典のなかで、「この悲しみはフランス全体の悲しみだ」と哀悼の意を述べました。また、大統領選挙で決選投票に進んだマクロン前経済相と極右政党「国民戦線」のルペン党首もそろって姿を見せました。テロ対策は有権者の関心も高く、来月7日の投票日に向けて2人はテロと戦う姿勢を国民にアピールした形です。