トランプ大統領 JFK暗殺巡る機密文書公開の意向

10/22 15:56 更新

 アメリカのトランプ大統領は、1963年のケネディ元大統領の暗殺に関わる機密文書を公開する意向を示しました。  トランプ大統領はツイッターに、ケネディ氏暗殺の捜査資料について「長年の機密指定を解除し、公開を許可する」と投稿しました。捜査資料は25年前の法律で、今月26日までに公開されることが決まっています。しかし、トランプ大統領が安全保障上の理由などから、資料の公開を拒否する権限を行使する可能性が指摘されていました。ケネディ氏の暗殺事件を巡っては様々な説が取り沙汰されてきました。今回の資料公開について、アメリカメディアは「容疑者の事件前の足取りに関わる謎が解明されるかもしれない」という見立てをしています。