谷内局長 訪中終え帰国 日中関係の進展に期待感

02/24 19:06 更新

 中国・北京を訪問していた谷内国家安全保障局長は、中国の外交トップ・楊潔チ国務委員との会談など一連の日程を終えて帰国しました。  会談で、谷内局長は「日中関係を持続的に改善し、発展させていきたい」と述べました。これに対して楊国務委員は、日本側の「積極的な態度」を評価したうえで「ともに努力して関係を発展させ、重要で敏感な問題を適切に処理することを希望する」と応じました。そのうえで、両者は安倍総理大臣の訪中や習近平国家主席の来日実現などを念頭に「様々なレベルの対話を一層、強化していく重要性」を確認したということです。日中関係筋は「段々とかみ合ってきている」と今後の進展に期待感を示しました。北朝鮮情勢を巡っては国連安保理決議を完全に履行する重要性を確認し、緊密に連携していくことで一致したということです。