大統領の目の前で突然…大きな“爆発”8人けが

06/24 11:50 更新

 アフリカ南部ジンバブエで大統領が演説を終えた直後に爆発が起こり、複数のけが人が出ました。何者かが大統領の暗殺を謀ったとみられています。  演説を終えて両手を振って支持者の声援に応えるムナンガグワ大統領。ステージから下りて退場しようとした瞬間、突然、大きな爆発が起こりました。周辺にいた人たちが逃げ惑い、ステージの前では倒れ込む人もいます。23日にジンバブエ第2の都市ブラワヨで起きたこの爆発で、少なくとも8人がけがをしました。大統領にけがはありませんでした。ジンバブエでは去年、軍が蜂起した政変があり、ムナンガグワ大統領もその際に就任していて、来月には改めて選挙が行われるということです。