文大統領が公明党代表と会談 結束し北朝鮮に圧力を

11/24 05:51 更新

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は公明党の山口那津男代表と会談し、北朝鮮を対話に引き出すために結束して圧力を掛けることが重要だという見解で一致しました。  韓国・文在寅大統領:「平昌(ピョンチャン)オリンピックと2020年の東京オリンピックで両国民が相互に訪問し、交流が促進すれば良いと思う」  韓国大統領府によりますと、文大統領は山口代表から安倍総理大臣の親書を受け取った際、平昌オリンピックに合わせた安倍総理の訪韓を期待すると伝えました。また、北朝鮮を対話に引き出すために国際社会と結束して最大限の圧力を加えていると強調し、山口代表も同意しました。  公明党・山口那津男代表:「圧力を高めて、北朝鮮側から考え方を変えて話し合いをしたいと。こういう対応を引き出すことが大切」  山口代表は日本が議長国を務める日中韓3カ国の首脳会談の早期実現を要請し、文大統領は中国の習近平国家主席にも早期の開催を働き掛けたことを明らかにしました。