エチオピア襲撃 日本人女性「フレンドリーだった」

03/25 11:55 更新

 アフリカのエチオピア西部で武装勢力の襲撃を受けて5人が死亡した事件で、巻き込まれたとみられる日本人女性のナカニシ・カナコさんの知人がANNの取材に応じ、「フレンドリーな人だった」と語りました。  ナカニシさんの知人男性:「彼女と近所の人たちとの交友関係は限られていたが、非常にフレンドリーだった。彼女は仕事や職場について文句を言ったことがなかった」  エチオピア西部ネジョで19日に移動中の車が襲撃され、ナカニシさんとみられる日本人女性ら5人が死亡しました。全員、現地の鉱山会社で働いていました。エチオピアメディアが反政府の武装勢力による犯行という見方を伝える一方、犠牲者の1人となったインド人の男性の家族は「事件の背後には鉱山関係のライバル会社がいる可能性もある」と語ったとインドメディアが報道しています。