銅メダリスト殺害に関与か 2人目の容疑者を拘束

07/21 07:00 更新

 カザフスタン出身でソチオリンピック、フィギュアスケート銅メダリストのデニス・テン選手(25)が強盗に殺害された事件で、2人目の容疑者が拘束されました。  タス通信によりますと、カザフスタンの捜査当局は20日、テン選手の殺害に関与したとして容疑者の男1人をすでに逮捕していましたが、2人目の容疑者を拘束したと明らかにしました。2人の容疑者のうち1人はカザフスタン南部出身で、20代前半のヌラルイ・キヤソフ容疑者で、調べに対して容疑を認めているということです。  献花に来たファン:「ありがとうと伝えたいです。彼は本当に創造的で、私たちに多くのものを与えてくれました」  テン選手が2010年ごろまで練習の拠点としていたモスクワでも多くのファンが献花に訪れました。