「フェイクニュース…捏造」娘婿の疑惑にトランプ氏

05/29 18:48 更新

 初外遊から帰国後、さっそくメディア批判です。  トランプ大統領は28日、ツイッターに「偽ニュースがいうところの『匿名の情報源』は、記者の捏造(ねつぞう)である可能性が非常に高い」などと、相次いでメディア批判を投稿しました。中東などを歴訪し、帰国したばかりですが不在中、娘婿のクシュナー上級顧問が「駐米ロシア大使に秘密の通信回線の設置を提案していた」などとロシア関連の疑惑を報じられたことに反発したとみられます。トランプ大統領は9日間の外遊中に会見を一度も行わないなど、メディアとの対立がさらに深まっています。