消息不明のアルゼンチン海軍潜水艦を発見 乗員44人

11/17 22:13 更新

 救助を断念してから1年。潜水艦は海底で見つかりました。  去年11月15日、アルゼンチン沖の大西洋で交信を絶って消息不明となっていたアルゼンチン海軍の潜水艦が深さ800メートルの海底で発見されました。当初、潜水艦の酸素は10日ほどしかもたないとされ、44人の乗組員を救助するため10カ国以上が参加した捜索は去年11月末で打ち切られていました。今年9月から海底を調べていたアメリカの民間の調査船が、海底に沈んでいる潜水艦の残骸の位置を特定したということです。この一報が伝えられると、乗組員の家族らは新たな悲しみに暮れていました。