北朝鮮がアメリカに猛反発「あらゆるテロのボス」

11/23 05:50 更新

 アメリカが再び北朝鮮をテロ支援国家に指定したことを受け、北朝鮮が「アメリカこそがテロのボスだ」と強く反発しました。  朝鮮中央通信によりますと、北朝鮮の外務省報道官は「あらゆるテロのボスであるアメリカがテロ支援国のレッテルを貼ったり、剥がしたりすること自体に無理がある」と批判し、「我々に手出しした行為が招く結果に全責任を負うことになる」と牽制(けんせい)しました。また、「北朝鮮への敵対行為が続く限り、我々の抑止力はさらに強化されるだろう」として、今後も核・ミサイル開発を続ける姿勢を示しました。さらに、北朝鮮の別の組織は、声明で「安倍一味や南朝鮮はご主人のアメリカの機嫌をとっているが、将来を憂慮するなら見苦しく立ち回るべきではない」と安倍総理大臣を名指しで非難しています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017