さらに2つ合同演習も中止 今後は北朝鮮の態度次第

06/23 17:50 更新

 アメリカ国防総省は8月に予定していた米韓合同軍事演習の中止に加え、さらに2つの軍事演習を中止すると発表しました。  トランプ政権はすでに8月の米韓合同軍事演習「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」の中止を決めていますが、国防総省はさらに今後、3カ月の海兵隊による2つの合同軍事演習も無期延期にすると発表しました。マティス国防長官とポンペオ国務長官、ボルトン大統領補佐官による協議を受けたもので、ポンペオ国務長官が主導する米朝交渉を支えるためだとしています。ただ、その一方で「今後の判断は北朝鮮が誠実に交渉を続けるかどうかにかかっている」とし、北朝鮮の交渉態度によっては演習を再開する余地を残しています。