軍政継続か民政復帰か タイで8年ぶり総選挙

03/24 11:48 更新

 軍事政権が続いてきたタイで24日、8年ぶりの総選挙が行われています。2014年のクーデター以降続く軍主導の政治体制の是非が問われます。  タイでは2014年にクーデターが発生して以来、軍事政権が続いていて、それ以降、総選挙は何度も延期されていました。軍政側は今回の選挙に向けて軍政を支持する政党を新たに作っていて、選挙で勝利することで事実上の軍政の継続を狙っています。一方、軍政と敵対するタクシン元首相派の政党は、根強いタクシン人気を背景に「タイに民主主義を取り戻すべきだ」と訴えて政権奪取を目指しています。ただ、主要な6つの政党のどの党も単独過半数獲得は難しい情勢です。