「環境より経済」温暖化対策見直す大統領令に署名

03/29 05:53 更新

 アメリカのトランプ大統領は、オバマ前政権が進めてきた地球温暖化対策の全面的な見直しを命じる大統領令に署名しました。  アメリカ、トランプ大統領:「きょう、私が取る行動は連邦政府の行き過ぎをなくし、経済の自由を回復する」  大統領令では、各省庁に対して国内のエネルギー生産の妨げとなる規制や政策を約半年かけて特定し、報告するよう命じています。さらに、オバマ前政権が2030年までに二酸化炭素の排出量を32%削減するよう求めた計画を見直します。環境保護よりも国内の雇用や経済を優先するトランプ政権の姿勢を示した形です。