クシュナー氏が「米ロの秘密通信手段」を提案 米紙

05/27 11:49 更新

 トランプ大統領の娘婿、クシュナー大統領上級顧問が駐米ロシア大使に対して、秘密で安全な米ロの通信手段を構築できないかと提案していたとメディアが伝えました。  26日付のワシントン・ポストによりますと、去年12月、クシュナー氏がセルゲイ・キスリャク駐米ロシア大使に対して、アメリカにあるロシアの設備を使って秘密かつ安全に米ロがコミュニケーションを図ることができる通信手段を作れないか提案したということです。キスリャク大使は「提案を受けた際、驚いた」としています。トランプ氏が勝利した大統領選挙にロシア政府が介入した疑惑を巡り、アメリカのFBI(連邦捜査局)は鍵を握る人物としてクシュナー氏に関心を寄せています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017