【報ステ】脱北兵への銃撃…瞬間映像から見えるもの

11/22 23:30 更新

 韓国と北朝鮮の軍事境界線付近の板門店(パンムンジョム)で、北朝鮮の兵士が逃走した事件をめぐり、一連の動きを捉えたカメラの映像が公開された。映像は、兵士の乗った車が、板門店に向かって疾走するところから始まる。車は境界線の手前10メートルまで進んだが、排水溝にはまり身動きが取れなくなった。異変に気付いた北朝鮮の警備兵4人が、車から飛び出し韓国に向かって走る兵士に約40発を発砲。警備兵の1人はさらに追ったが、境界線を越えたことに気付いたのか急いで引き返した。少なくとも銃弾4発を受け、力尽きた兵士は、その後、韓国軍に救出された。兵士は満24歳で、北朝鮮軍幹部が乗る車の運転役だったとみられている。亡命理由などはまだわかっていないが、境界線を越えた時のことについて「最初に銃で撃たれた時は本当に痛かったが、今は痛くない」などと話しているという。